【活き活きと忙しさに楽しみを】かばん持ち1dayインターン参加レポート Vol.2

こんにちは!フィッツコーポレーション人事インターンチームです。

前回に引き続き、今回もフィッツのかばん持ちインターンの報告レポートをお届けします!

かばん持ち1dayインターンとは?

フィッツの社員さんの業務に一日ずっと密着同行。その間の会議、来客、外出、ランチ等全てに同席。

その経験を通して「働くリアル」を学び、自身の「働き方」を考える、キャリア形成のきっかけのための1dayインターンです。

https://peraichi.com/landing_pages/view/fitsrecruit

【今回ご協力いただいた社員さん(左)と報告者(右)】

社員:Kさん(左)

~入社10年で全部署を経験!?~

① 学生時代にインターン生としてフィッツに入社
② フィッツ新卒入社
マーケティング部 企画部署 配属(香水の商品企画・*MD業務)
*MD業務とは・・・商品開発から販売計画、予算管理などを総合的な管理業務を示す
③ 管理部 物流チームへ異動(出荷事故に関する抜本的改革を行う)
④ 産休
⑤ マーケティング部へ再異動 (中期的販売計画の策定)
⑥ 営業部へ異動 (営業管理)

 

報告者:Iさん(右)

2018年5月入社。人事アシスタント所属。

 

◎キャリアウーマンに丸一日密着!

こんにちは!
人事部にて2018年5月よりインターン生として働いています、Iです!
今回は、「家庭も仕事も両立し、キャリアウーマンを体現している」女性社員の方に
一日同行させて頂きました。

そもそも、私がなぜKさんのカバン持ちをしたいと思ったのか。
それは、私がもうすぐ長期インターン生として部署異動をさせて頂くからです!

先述のとおり、Kさんは営業部のマネージャーで、数か月後には直属の上司になるのです。
そこで私は、
① 事前にKさんがどんな方なのか知っておきたい
② Kさんがどんな仕事をしているのか把握したい
と思い、今回Kさん希望でカバン持ちインターンを応募しました!

私「本日は、一日宜しくお願い致します!!」
Kさん「こちらこそ宜しくね~、スケジュール見てわかると思うけど今日は色んなMTGが詰まっているから忙しくなるけど頑張ろう!!」

これからハードな一日が始まるというのに、Kさんはスケジュールを見ながら笑っていて、忙しさに楽しみを感じているようでした。まさにキャリアウーマンです。

◎課題への取り組み

朝からは連続してMTG同席。非常に忙しい。しかし、それに加えてMTGを終えたKさんからは、本日私だけで取り組むミッションとして営業or商談への投下時間、または営業管理全般に関する、「課題」が発表されました!

そしてそれは、普段見慣れない単語がたくさんのデータを収集して分析するようなものでした、、、!

普段、人事部ではあまり数字が羅列されたデータを扱わず、不慣れな私は非常に難解そうな課題に圧倒されました、、、。
渡してもらったデータ自体も普段は、社員しか扱うことができない機密情報であり、そこに編集を加えていくだけあって、正確なデータ集計と読み取り能力が求められます。

_MG_4383

◎予算データに関するMTG

記憶に残っている経験の一つがこのMTGです。

この「予算データMTG」では、
会社の売上や予算のデータを的確に把握するために、どのように運用すれば効果的かを議論していました。
その中で私はあることに気付きました。
しきりに、Kさんは

「何で」「何で」「何で」とメンバーに問うているのです・・・!

Kさんが「Why」を突き詰めることで、他のメンバーが気づきもしなかった問題点や新しい観点から見えた案が生まれていき、議論がより深く展開されていくのがわかりました。

私は現在3年生で、就職活動にいそしんでいますが、その中でもたびたび
「Whyの突き詰めを徹底することの重要性」について耳にします。

これは、就職活動だけではなく、社会人になっても重きを置くべきことなのだと肌で実感した瞬間でした。

「究極的なwhyの突き詰め」と「自分の中にある疑問や案は一旦テーブルの上に出してみるスタンス」を
Kさんから学びました。

◎お待ちかねのランチ→営業戦略会議

やっと午前の予定が全て終了し、Kさんはオフィス近隣のうどん屋さんに連れて行ってくださいました!
Kさんは、私に大学生活~恋愛のことまであらゆることを質問して下さって、終始笑いあっている楽しいランチとなりました。

そしてその後は営業戦略会議に参加。この会議は、弊社代表の富樫社長やフィッツの重鎮たちが出席するとても大きな会議でした。
同席している私も、思わず手に汗を握ってしまうほど、場が緊張感で溢れていました。
この会議で、Kさんは主に聞く側の立場でしたが、途中で他の参加者が見ていない観点で考えた提案をすることで、またそこから議論が展開されていました。

◎課題結果の共有―フィードバック―

先述のとおり、課された課題は自分が比較的得意ではないデータ関連の仕事でした。
本来、私はすでに敷かれたレールの上を順当に走ることを好むのですが、
今回の業務は自分もやり方を分かっていないながらに進んでいかなければならない、不安定なタスクでした。
そのため、正直なところ非常に不安で、ハラハラしていました。
が、大枠やり方と算出した数値は合っていて一安心・・・

◎総括 「営業管理の真髄」と「輝く社員が多い秘訣」

今回のカバン持ちインターンを通して、これまでフワッとしていた営業管理チームのイメージが、
「全部署の繋ぎ役であり、社内で起きている動きを敏感に察知し情報を集めながら、良い会社づくりを率先して行うチームである」という明確な概念にまで落とし込むことができました!

それには、

  • 俯瞰的に全体を観察したうえで、逆算して事を進めていく力
  • 数字に対しての敏感さ
  • 自分の考えを一旦出してみる勇気

といったような素養が求められるであろうとも感じました。

それと同時にフィッツへの愛着もこれまで以上に持つことができました。
というのも、「たかがインターン生」ではなく、フィッツの一メンバーとしてこのように重要な会議にも参加させてもらえる会社としての「懐の広さ」に感動したからです。
また、生き生きと働く社員がたくさんいる理由は、このような裁量の大きさや社員同士の距離の近さに込められているのだろうとも感じました!

_MG_4397

===========================

以上、Iさんによる報告レポートでした!

今後もレポートは続々開催予定です!お楽しみに★

FITSでは定期的にfacebookの投稿もしています。

ご興味がある方は

*フォロー

*いいね

をよろしくお願いします!

▼フィッツ公式facebook

https://www.facebook.com/fits.japancompany/

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。